[ノルウェーブログ]ノルウェーで仕事を探す方法

数年前からワーキングホリデー制度が確立されたノルウェーと日本。
少しずつ、この制度を利用してノルウェーに来られる方もいるみたいです。

そこで、ノルウェーでの仕事探しについて少しだけ書こうと思います。

ノルウェーだけではなくて、海外で働く事は様々な角度から物事を捉えられるようになり、とってもいい経験となると思います。
人によって、目的は異なると思います。
例えば…
-日本である程度キャリアがあるから、それを生かしてキャリアアップを図りたい。
-期限付きで北欧生活を満喫したい
-学業と両立させたい
-働きながら言語を覚えたい

などなどあると思います。

まず、私がここで言及した方がいいなぁと思うのは
”言語”について。

もちろん、会話程度の英語力は都市に行けば行くほど話す人の割合が高くなると思います。
しかし、ノルウェーは英語圏の国ではなくて、自分たちの言語=ノルウェー語があります。そうなると、英語だけ話せたとしても、仕事をゲットできるとは限りません。
ノルウェーのような小さな国では特に、国民をまずはしっかりと保護し、それから移民について考えるという流れが一般的だと思います。移民にばかり仕事をあげていては、国民の仕事がなくなります。
どれほど技術を持っていたとしても、やはり言語が話せないと仕事をもらうのは大変です。私の友達もEU圏出身者でノルウェー語は流暢ではないですが、話します。それに加え、かなりの高学歴、キャリアもあったのですが、履歴書を渡して、その後連絡は一切ないという状況が1年は続いていました。この状況から読み解くと、その子の代わりはノルウェーにいくらでもいるという事になります。

逆に言うと、ノルウェー語ができなくても、ノルウェー人が絶対できない職種だと簡単に見つけれるという事です。
例えば…寿司職人。ずっと働ける人を探しています。残念ながらノルウェーには日本のシェフはそんなにいません。ぜひ、ワーホリ制度を利用して北欧に来ていただきたいです!!!サポートさせていただきます笑

他にも、掃除の仕事など言語が必要ない仕事は比較的に簡単にゲットできると思います。ですが!!清掃業務だからといって、給料ががぐっと下がるわけではありません。ノルウェーでは、収入が上がればあがるほど、税金も信じられないほど取られます。なので、どのような職種で仕事をしても、日本のような給料の差は生じにくいのです。(一部を除きます)

さて、話を言語に戻します。私の住んでいるトロンハイムでは、ノルウェー語が話せないと本当にきついと思います。もしも、身内がノルウェーに住んでいる、彼氏/彼女がノルウェー人など、コネクションがある人は、上記には当てはまりません。なぜなら、地方都市はコネクションが最大の武器なのです。パートナーがノルウェー人の場合は、とにかくそのパートナーの友達や上司、会社の人と使う=会うことをお勧めします。

1、私が今までしたのは、履歴書を直接渡しに行き、面接までしてもらえました。(面接まで行くのがかなり大変です。)
面接では、ノルウェー語は当たり前ですが、トロンハイムは方言が強いので、かなり緊張しました。ボスは、トロンハイム出身者、それに加えオーナーは北ノルウェー出身者でした。本当に方言には苦労しました…(しております。笑)

2、次は、知り合いがオーナーをしている場所に自ら行って上司と仲良くなる。これは私の2つ目の職場の話です。15人以上働いていますが、数人のノルウェー人以外みんな外国人です。ポルトガル人が2人いましたが、その子達は1年半くらいそこで働いていて、ノルウェー語はそこで覚えたそうです。彼らがいうには、お客さんとの会話から全部勉強したけど、今でも理解できない事だらけと言ってました。なので体当たりで申し込むのもありかもしれません!ここは、ホテルでしたので、海外からのお客様も多かったので英語を使う機会も以前よりぐっと増えました。私の場合、基本的にノルウェー人従業員とは、ノルウェー語。外国人従業員とは、英語でコミュニケーションを取っていました。(この切り替えが難しかったですが笑)

3、人材派遣を利用する。これを利用する事で給料は少し低くなる可能性がありますが、フルタイムの仕事をもらいやすくなります。
実はもうすぐトロンハイムから首都オスロに引っ越します。それに向けて下記の人材派遣の会社を使いました。
アデコのみビデオインタビューをしました。もう2つはオフィスで面接をします。
Adecco Vivere poeple4you

4、ハローワークのような機関に行って、どんな仕事があるか確認するのもありだと思います。
NAV

5、ノルウェー最大の総合サイトから探す。
Finn.no というサイトでは、覗いていただければわかりますが、仕事の求人情報から、出会いのサイトまで様々です。ノルウェー人の多くが使っているサイトです。

ノルウェーには、フルタイムと、パートタイムがありますが位置付けは日本の、正社員と派遣社員、アルバイトとは異なります。全ての仕事は、自分の履歴書にキャリアとして使う事ができますし、配達員であっても、スーパーのレジ打ち、オフィスワーカーであっても、レストランで働いていても、全て立派な仕事としてみられます。とってもいい事だと思います。

 

[ノルウェーブログ]ノルウェーでのサバイバル術

人間って変化に適応しやすい生き物だと思います。
ある一定の条件を抜きにして…
私がノルウェーに来たのは、2013年。
日本は、いかに便利で全て手に入る国だと知っていたので、他国に同じ事を求めようとは、最初からしませんでした。
ただ、期待をしない分、日本ではありえない事が起きても、ただただ、こんなもんか〜って流していたように思います。

そして、時が経つにつれノルウェースタイルが基準になってしまった時には、
何もかもが普通に感じてしまうのです。

今でも覚えていて、一番衝撃的なのは、スーパーにて。
カートは手元が長く、スーツケースを引くようなスタイルなんですが、
みんな食材を上からカートまで投げ入れます。

これは衝撃でしたね〜。
野菜がかわいそう!って思いました笑

あとは、移民局や警察官等、言う事やる事ばらばら笑
入国許可証などの大切な書類でさえ、3回電話して3回とも違う答えが返ってくる事もあります。ちなみに、入国管理局に繋がる時間は1日数時間しかなく、オープンアワーきっかりにかけると、「あなたは現在123番目ですので、しばらくお待ちください〜🎶」という、アナウンスが流れ始めます笑 授業があるから、オープニングアワーすぐにかけてるのに、すでに100人待ち。笑 色々と朝からやる気なくしますね。笑

なので、ノルウェーに来られる際は、あまりストレスに思わず、何もかも「まぁなんとかなるか〜」くらいがちょうどいいと思います。

ただ、本当にしてくれない時は、何もしてくれませんので、時にはこっちの主張をしっかりと論理的に伝えて、相手側がおかしい事をちゃんと伝えます。
そうすると、ちょこっとずつ進んでいきます。決して日本のように早くはありませんが。

おかしいことも今では普通のことに…
リフレッシュするために違う国に数ヶ月滞在しようかな…笑

 

[ノルウェーブログ]ノルウェーのベストシーズンはいつ?

ノルウェーのベストシーズンはいつだと思いますか?
目的によっても、違いますが、オーロラが見たい人は真冬。(秋でも観測できる地方はあります!)
夏の蒸し暑さから抜け出して、からっと涼しいフィヨルド観光をしたい人は、夏。
が、一般的でしょうか。

しかし!
ここノルウェーの天候は本当に変わりやすくて有名です。
ノルウェー人が出会い頭に何かについて熱心に話している時は、
天気の話しだと思ってもいいです。笑

例えば…
今年の夏はとっても暑くなったから来年はきっと悪い夏が来るわ。
とか、今日は8月なのに肌寒いわね〜。
さっきまで、晴れてたのに雨振りそう!
などなど…
なので、北欧への旅行は天候に恵まれればとってもラッキーだと思います。
去年か一昨年は、一ヶ月間ず〜っと雨が降ってました。
大げさではなくて、本当に…気が滅入るかと思いました。

オスロの夏は比較的過ごしやすいと聞いています。
でも、トロンハイムは…いい時はいいですが、
夏が本当に短い。冬は、雨が降って雪がすぐ溶けちゃって、セントラルなんてぐちゃぐちゃ状態。
綺麗に雪が残ってるのは、大学のキャンパスくらいです。(丘の上なので)

もうすぐ10月。暗い時間が徐々に近づいてきていますが、
その頃はもうオスロ!
ホットココアと温かい部屋の中で何かした楽しみを見つけようと思います。

 

[ノルウェーブログ]自己紹介

初めまして!

ブログに来ていただいてありがとうございます!

今までいくつかのソーシャルメディアを利用して、情報発信してきましたがこの度自分のサイトを作りました。
私の自己紹介を少しだけ。

愛知県生まれ、福岡育ちです。
大学までの22年間はず〜っと日本。長期で留学さえ行った事ありません。
小さい頃から、外の世界には憧れていました。

小学生の時に母に貰ったオーストラリアの雑誌をきっかけに海外熱爆発。
小学生の時にオーストラリアに短期留学を申し込むも、世界同時多発によりキャンセル。
アジアからの留学生を受け入れるホストファミリーになるも、SARSによってキャンセル。
タイミングと自分の海外熱のバランスが全く取れていない時期でした。笑

高校から、海外に行きたいと親に言ってみるが、英語で何を勉強するか定まっておらず、説得失敗。
高校時代に、私学協会主催のサマーコースに担任から勧められて合格。シンガポールに行く。
クラスで日本人1人という境遇を初めて経験。英語の楽しさを再確認。

大学こそは海外!と思っていたが、春入学の地元の大学を先に受け合格。そのまま、S大学に進学。
インターナショナルスクールでアルバイトをして、教育に興味を持つ。
秋休みはスクールが休めないので、毎年夏休みは1ヶ月間どこかに1人旅。
1年目は学祭の実行員で休めず断念。
2年目は、フィジー諸島へ。丸1ヶ月間遊びっぱなし。
3年目は、1人でフランスカウチサーフィン。
4年目は、卒業後に日本を出ると決めていたので、シティガールを体験するために1ヶ月東京へ。笑

卒業2ヶ月後には、ノルウェーへ移住。
1年間のノルウェーで生きるための詰め込みコースに合格。笑
お陰様で、最終試験に合格。
コース終了後は、メディア(学部)と、ヨーロピアンスタディー(大学院)に合格し、迷った結果大学院へ。
1年のうち半年は授業をみっちり受け、半年はインターンシップをしました。

その後、自分のやりたい事を見直して、現在進路変更を考えています。

2015年11月に、ノルウェー学生都市トロンハイムより、首都オスロに引っ越してきました!

興味は、思い出せないほどたくさんあります。
-海外(食、言語、文化、習慣、考え方、リアクションの取り方、ことわざ….全てが良い意味でショックです。)
-自然治癒医療(ハーブ、アロマ、アーユルヴェーダ、漢方、ホリスティック…薬は飲まず、自力で治します。)
-動物(イルカ、象、馬)
-お花
-旅(本当は小心者で、怖いものだらけ。笑 でも現地人のふりするのは大得意です。)
-ワイン(最近はまり中です。一番好きなワインの産地は、ゲオルギア:ジョージアワインです。)
-人間的に生き生きしていて輝いている人が大好きで興味があります。
-コーヒーのある生活(緑のマークのカフェで3年間以上は働きました)
-インテリア(空間プロドゥースに興味津々です。)
-ビジュー(アクセサリー大好きです。服よりも、お金を使っています。)
-写真
-社会・国際問題
-世界各国の教育システム

などなど…

北欧ライフスタイル情報

私の好きなもの

素材写真

上記のサイトで情報発信をしてきましたが、もっとアクセスしやすいブログにするためにこちらに新設しました!

何か質問等ございましたら、お気軽に連絡下さい。
誠意を持って対応させていただきます!

このサイトを通してたくさんの方と交流ができればと思います。

よろしくお願いします。

[ノルウェーブログ]ポルトガルという素敵な国へ

島国パワーを貰いに、マデイラ諸島・リスボンポルトガルへ行ってきました。

ポルトガルは、スペインの左に位置する小さな国です。国全体はとても小さいですが、人々は活気があって、みんな強めの口調で会話している印象を受けました。私の友達カップルも、ポルトガル人がいますが、喧嘩してるの!?と思うくらい、迫力があります!笑

首都リスボンは、驚くほど多くの中国人(移民)がいて驚きました。
中国銀行の大きなビルが町のど真ん中にあり、どれほどの需要があるのか容易にイメージする事ができました。

ポルトガルの首都と言えば、リスボンです。しかし、今回はリスボンに行く前に、ポルトガル領土の島、マデイラに行ってきました。マデイラはアフリカ大陸モロッコのすぐ左にある島です。

とても小さな島で、島の空港は「世界で最も着陸しにくい空港のトップ」に君臨するそうです。理由は、滑走路の短さと、風の影響を受けやすい作りとなっているからだそう。因みに私の便は、運良く1回で着陸できました。

島全体の印象は….①高低差のかなりある島、②お花の色がとっても鮮やか、③道幅が狭い、④南国フルーツが豊富、⑤スコールに出会う確率が高い、⑥町の中のアートがとても良い感じ、⑦コーヒー文化の違い(普通にコーヒーを頼むとエスプレッソが出てきます)そして、⑧青貝とジェラート、ガーリックパンが絶品!!!!でした。1年を通して気候が良く過ごし易いとのこと。夏も、暑すぎることがなく冬も寒すぎることはありません。温暖な気候に、スコールで定期的に水が与えられるこの2つの要因が豊富な果物と鮮やかな花が育っているのだと思います。

宿泊先としてホテルではなく、一般の普通の家(完全別棟)をお借りしました。因みに1週間ほど滞在する時は、だいたいキッチン付きのアパートをAirBnBで予約します♩お部屋とても快適にすごせましたが、レンタカーは必須だと感じました。どこに行くのも、おそらくバスがあるのですが、車があればかなり便利です。物価も高くないので、車を一台借りる事をお勧めします。

ちなみに、私はサツマイモラバーなのですが…ノルウェーのサツマイモは日本とは違う種類なので、あまり食べません。しかし、マデイラのサツマイモは日本と同様とっても甘くて、美味しかったです!お店で頼むと、てんぷらになってでてきました!私、マデイラでやっていけそう笑

上記にも書いたように、高低差が激しいの山の上から海まで車で降る時は、かなり急勾配で、道幅が狭く、ハラハラする道が多いです。しかし一方で、完全に道路化されていない分、自然を思う存分満喫できます。トンネルが石を掘ってできた穴のようになっていて、洞窟を潜っているようでした。天井から滴る水滴が、自然のテーマパークの中にいるような気分にさせてくれます。
日本からは、ちょっと遠いですが、リスボンまで来る方は2〜3泊マデイラに行くのも良いアイディアだと思います。

次に飛行機で首都リスボンへ向かいました。

町の中は、若者であふれていて活気がある気がしました。おしゃれなバーが点在していて、小さなケーキ・お菓子屋さんがとっても多かったです。お店の人はフレンドリーな人が多いイメージですが、ポルトガル語が話せない私にとって残念な事に、英語はあまり通じませんでした。観光客がいない地元のお店はポルトガルオンリー!

ちなみに、超有名ポイントコロンブスが出発したとされる港にも行きましたよ♪そこには、もちろん観光客がたくさんいました。風が強くて寒かったですが、暖かくなったら夏にもう1度訪れたいです。

ポルトガルのワイン、ポルトワインを飲みましたが、ノルウェーのクリスマスに飲む飲み物(Gløgg)に似ていました。ドライフルーツワインのような感じで、甘かったです。私は、普通の赤ワイン派です…笑

マデイラ諸島は、海、地中海料理、自然、南国フルーツ、が好きなら是非オススメです!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。